よくあるご質問

Q&A

外国人人財を採用する手順を教えてください。
当社へご連絡いただき、男性女性、年齢、など御社に希望する人材詳細をお知らせください。
人財採用してどのくらいで入国就労が可能ですか?
外国人介護人財は既に、日本で就労許可を取得しております。
内定が決まりましたら、海外の教育会社と契約、人財と直接契約し、書類を入国管理局へ提出し在留資格証明書が発給するまで約3ヶ月ほどかかります。その3ヶ月を使って、再度、日本語の学習と介護初歩講座で学習します。
外国人の通勤など生活に関することを教えてください。
外国人労働者は御社又は支援機関の当社が準備する寮(アパート)暮らしになります。1人住居スペースは4.5畳が必要です。寮費、光熱費等は本人負担となりますが、生活必需品等は御社にて準備していただく必要があります。
外国人人材が何年働くことができますか?
特定技能1号ビザは最大5年の就労ビザになります。人材の希望で連休をとって里帰りも公休等を取得させてから、帰国させてください。帰国中の日数は就労期日にカウントされません。1年毎のビザ更新で最大5年ですが、3年経過後に介護福祉士資格取得したら、半永住ビザ(介護ビザ)で5年以降も就労が可能です。
外国人の賃金、経費などを教えてください。
賃金は県下最低賃金以上(日本人就労者と同等又はそれ以上)が条件となります。また、支援機関である当社へ1日1,000円の支援管理をご請求させていただきます。
外国人人財の採用人数に制限はありますか?
制限はありませんが、日本人職員の人数と同等の人材を採用できます。
例)日本人常勤職員:15名であるなら最大15名までの採用ができます。